ぼくは航空管制官4 成田 管制官を体験できる魅力と攻略

シミュレーションゲーム

本製品は、航空管制官を題材にしたゲームとして、航空ファンのみならず多くの人に親しまれています。管制官の仕事をわかりやすくゲーム化したもので、本格的な空港の雰囲気の中で管制官を体験できます。

ぼくは航空管制官4 成田の概要

プレイヤーは管制官となり、飛行機を安全かつ効率的に処理するためのアドバイスを行い、ステージをクリアしていきます。

コマンドの構成やタイミングによって事件は刻々と変化するため、的確な判断が求められます。

成田国際空港は、千葉県にある日本最大の国際空港です。世界各国から様々な航空会社が乗り入れており、旅客機や貨物機の発着数は国内でもトップクラスです。さらに、成田国際空港は日本で唯一、航空管制官と民間のランプ管制官が連携して、成田空港の乱気流を管理する「ランプコントロール」という航空エプロン管制システムを導入している空港でもあるのです。

成田空港は広大な面積を有しており、航空機が使用するチェックポイントや滑走路によって、着陸までに膨大な時間がかかることがあります。

遅れないように、滑走路の優先順位やルートの変更など、具体的な指示を出すように心がけていきましょう。

ぼくは航空管制官4 成田の魅力

このシリーズは、JALやANAといった有名航空会社が登場するのも魅力で、飛行機好きにはたまらないゲームです。

成田国際空港をゲーム内に再現し、国際感覚を演出早朝から深夜まで多くの航空機が行き交う成田空港では、高度な航空管制が必要です

貨物機と他の航空機の間隔を正確に同期させ、移動する大量の車両を迅速に誘導する必要があります。

さらに、離着陸の許可や利用できる滑走路に制限があります。また、区間移動が行われる地上ランプと地上との間のゲートウェイでは、交通渋滞が発生するため、ゲートウェイの選定には慎重を期さなければなりません。

鋭い頭脳で、広大な日本の空港を管理する必要のあるこのゲーム「ぼく管」は、飛行機を上手に誘導して安全に離着陸させることができる魅力的なゲームです。

初めてでも安心、航空無線を理解しながら管制官を目指せます。この刺激的なチャレンジで、あなたも管制官に変身してみませんか?

滑走路の制限、誘導路のチェック、緊急時の迂回など、他の要素も魅力的です。

ぼくは航空管制官4 成田の攻略 

迅速な判断が不可欠です。タキシング誘導は、短時間で行うほど効果が顕著に現れます。

離陸時に管制塔に引き渡した後、そのまま離陸するのではなく、滑走路や進入地点で待機し、管制塔の許可を得てから離陸することが、より良い結果につながります。

航空機との通信が終了した後、やがて別の航空機が送信を開始することがあります。しかし、交信直後に現れる混乱は、とてつもないストレスになります。やはり素早い指示が欠かせません。落とし穴がなければ、一時停止がストレスの原因になることはありません。数秒の遅れであれば、待ち時間が多すぎても大丈夫です。一方、ゴーアラウンドは当然困ります。

退出前に航空機に一時停止を要求すると、手動で解除されない限り、そのまま待機することがあります。少しくらいなら、気にならないでしょう。しかし、過度に待たせたり、到着予定時刻を過ぎたりすると、経済的損失として指摘されることがあるので(特に遅延を伴う折り返し便の場合)、慎重に…。どんなに慌ただしい状況でも、風向きには注意することです。

バックウィンドへの着陸を許可すると、ゲームの中で機体を旋回させなければならなくなる可能性があります。また、途中で風向きが変わる可能性もありますので、さらに注意が必要です。

着陸経路の分岐点では、収束領域は1つだけです。この交差点での集積を事前に予測し、正確なセパレーションを校正しておきましょう。

関西国際空港が天候不順で閉鎖され、迂回便がひっきりなしにやってきて成田が大混雑。飛行機の状況を把握し、優先順位を決めましょう。

大型機と貨物機は滑走路の制約が異なるため、離陸に時間がかかるので、他の飛行機との間隔を広く取ることが重要です。

ぼくは航空管制官4 成田のまとめ

初心者から経験者まで、「チュートリアルステージ」「ゲームステージ」「エクストラステージ」「オリジナルステージ」のいずれかを選択することができます。

プレイヤーは管制官となり、的確な指示で航空機を効率的に運用し、ステージを勝ち抜いていきます。

操作は簡単で、機体を選んで「指示ボタン」を押すだけ。個人の判断とタイミングによってゲーム展開が大きく変わるため、ステージクリアのためには慎重な判断が必要です。

ゲームオーバーになった場合は、ゲーム途中でもリプレイが可能です。

タイトルとURLをコピーしました